コンテンツにスキップ
ホーム » ビッグ・リトル・シングス – フォロー機能

ビッグ・リトル・シングス – フォロー機能

ブログシリーズの別の章へようこそ Big Little Things. この投稿では、ユーザーがレコードをフォローして、他のユーザーが行った変更に関する更新を受け取ることができるフォロー機能について説明します。 この機能について詳しく学びましょう。

フォロー機能とは?

フォロー機能は、レコードを保存するすべてのモジュールで利用でき、ユーザーが最も関心のある、または特別な注意を払う必要があるレコードに加えられた変更または更新を通知する優れた方法です。 レコードのフォローを開始するには XNUMX 回または XNUMX 回クリックするだけで済みます。フォローした後、管理者が設定した方法に応じて、ユーザーは電子メール、デスクトップ、またはその両方を介して通知を受け取ります。 スマートアラート この機能のために。

フォロー機能の使い方

フォロー機能は非常に使いやすく、以下に詳述する XNUMX つの異なる方法でアクセスできます。

  1. リストビュー

  2. ユーザーがほとんどのモジュールに入ると、デフォルトでリスト ビューになります。 リスト ビューでは、ユーザーはレコードの左側にあるスター ([フォロー] ボタン) をクリックするだけで、そのレコードをフォローできます。

    ブログをフォロー (画像 1.0 リスト ビュー 単一レコード)

    ユーザーは、各レコードの横にあるボックスを選択し、[リスト ビュー アクション] オプションから [フォロー] ボタンを選択することもできます。 リスト ビューからレコードを追跡すると、一度に多くのレコードを選択する機能と柔軟性もユーザーに提供されます。これは、条件に基づいてリストを生成したり、リスト ビュー検索を使用して特定のレコードを絞り込んだりする場合に役立ちます。

    たとえば、セールス マネージャーが「Ready to Close」セールス ステージにあるすべての商談をフォローしたい場合、リスト ビュー検索フィルターを使用するか、カスタム リストを生成して、そのステージにある商談レコードのみを表示できます。 そこから、Sales Manager はすべてのレコードを選択し、数回クリックするだけで追跡できます。

    ブログをフォローする (画像 1 一覧表示)

    これで、これらのレコードが更新されるたびに、セールス マネージャーは変更を知らせる通知を受け取ることができます。

  3. 概要ビュー

概要ビューでは、ユーザーはレコードの上部にある [フォロー] ボタン (スター) を有効にして、それをフォローできます。 ユーザーがレコードのフォローを解除したい場合は、スター ボタンをもう一度クリックしてフォローを解除できます。

ブログをフォローする (画像 3 概要ビュー)

フォロー機能を使用してカスタム リストを作成する

ユーザーは、フォローしているレコードのモジュールでカスタム リストを作成することもできます。 これにより、これらのレコードに簡単にアクセスできるため、時間を節約し、名前でレコードを検索するストレスを解消できます。 このカスタム リストを作成するには、次の手順に従います。

  1. モジュールを入力し、[リスト] ドロップダウン ボタンを選択します
  2. プラス記号のアイコンをクリックします
  3. リストに名前を付ける
  4. 条件をXNUMXつ追加 (Following → Equals → Enabled)
  5. リストを保存

ブログをフォロー(画像4 カスタムリスト 第一段階)

ブログをフォロー(画像5 カスタムリスト第二段階)

ユーザーはこのリストにアクセスできるようになり、リストを他のユーザーと共有することもできます。 さらに、ユーザーがこのリストを表示するたびに、ユーザーがそのモジュールで現在フォローしているすべてのレコードが含まれます。

ブログをフォロー (画像 6.2 私がフォローしている名言リスト)

アクション モジュールでの更新の表示

ユーザーがレコードのフォローを開始した後、[アクション] モジュールにアクセスして [更新] タブをクリックすることで、仲間のユーザーが行った更新を簡単に確認できます。

ブログをフォロー(画像6更新)

[更新] ページに移動すると、ユーザーは、更新を実行したユーザーを含め、フォローしているレコードのすべての更新を確認できます。 この情報はすべて、レコード名の下に詳細が表示されます。これは、レコードへの直接リンクでもあります。

ブログをフォロー(画像7リンク)

今日Vtigerを試乗してみてください

クリック (茶事の話はこちらをチェック) 15日間の無料トライアルにサインアップするか、永久に無料のパイロットエディションをお試しください。