コンテンツにスキップ
ホームペー » 障壁を打ち破り、考え方を変えましょう。

障壁を打ち破り、考え方を変えましょう。

「午後7時までに家に帰らなければなりません。」

「子供を産んだ後、仕事をやめるつもりですか?」

「どうすれば家族を置き去りにして休暇に行くことができますか?」

これらの声明は何か鐘を鳴らしていますか? さて、これらは女性が定期的に人々から聞くいくつかの対話です。 同様に、私たちが子供の頃から遭遇した女性についての他の一般的な誤解があります。 それが正しい方法であると考えられていたので、当時は誰もその効果について私たちに教えてくれませんでした。

同じように、私たちは男性もステレオタイプ化されていることに同意しますが、これは多くのレベルで正しくありません。

一部のステレオタイプは肯定的である可能性がありますが、ほとんどの場合、それは有害で有害です。 私たちは無意識のうちに女性を分類し、その能力を制限しています。 時代は変わりつつありますが、これは固定観念を避け、破るための意識向上の投稿です。

行動

「声を上げないでください。 あなたは男性ではなく女性です。」

「どうしてそんなに大声で笑うの? それはあなたに合いません。」

女性がどのように振る舞わなければならないかについて、多くの議論と先入観がありました。 家庭でも、オフィスでも、集会でも、女性は自分の行動に基づいて判断されます。

女性は、特定の方法で、食べたり、笑ったり、座ったり、話したりすることが期待されています。 それ以外の場合は、不適切と見なされます。 人々はしばしば女性が優雅で、感情的で、素朴であることを期待します。 断定的な女性は失礼と見なされます。

私たちは、すべての人間が物事を行う方法を持っていると信じており、コミュニティとして、私たちは判断力を持ってはなりません。 そう思いませんか?

外観

「女性は髪が長いときだけ見栄えがします。」

「あなたの体に合わせた服装。」

女性が乗組員を刈っても大丈夫です。 ジーンズやスニーカーを履いても大丈夫です。 しかし、おてんば娘としてラベルを付けるのは大丈夫ではありません。

カンナダ語には古いことわざがあります– 'Oota tanna icche、nota parara icche'。

翻訳:食べる 貴社 願い、着る 他人 願います。

しかし、女性は他人の認識を意識するのではなく、身だしなみや身だしなみをする際に本能を持って行くべきだと私たちは考えています。

また、当時、女性はスリムで公平であることが期待されていました。 より健康な女性とより暗い顔色の女性は見下されていました。 人々は今でも世界のほとんどの地域でこの慣習に従っています。

女性が社会の期待に応えるためにどれだけの精神的および肉体的圧力をかけなければならないかを私たちは理解していますか? 本当の問題は、なぜ彼らがすべきなのかということです。

喜んで、女性がボディシェイミングや他の外見の固定観念にしっかりと立ち向かい始めたので、この考えは薄れつつあります。

働く女性

「ボブはこの責任をより適切に処理できると思います。」

「あなたには子供がいます。 どのように100%仕事に注意を向けますか?」

まあ、これは既知の進行中の闘争です。 以前は、少人数の家族が女性に仕事に行くように勧めていました。 人々は男性だけが家族の稼ぎ手になることができると信じていました、そして女性は家にいることを意図されていました。 女性は飛ぶための翼を与えられていませんでした。 しかし、今日、あなたはすべての人生の歩みで働く女性を見つけます。 多くの女性は財政において同等の責任を共有しています。

残念ながら、この方程式は、女性が結婚したり子供を産んだりすると急速に変化します。 一部の企業は、母親が自分の仕事に細心の注意を払うことができないと想定して、母親の雇用を拒否しています。

しかし、何度も何度も、女性は家庭と職場で平衡を維持することによって自分自身を証明してきました。 ニュージーランドの首相、ジャシンダ・アーダーン、 歴史を作った 彼女が彼女の幼児をニューヨークでの会合に連れて行ったとき。 世界は彼女が規範を破ったことを称賛しました! これは女性のマルチタスク能力の十分な証拠ではありませんか? そうだと思います。

職務

「女性は良い管理職になることはできません。」

「あなたはスポーツウーマンですか? それはどのように機能しますか?」

女性が働き始めたからといって、すべてを持っているわけではありません。 社会は彼らのキャリアの選択をすぐに制限します。 女性は、教師または看護師である場合は高く評価されますが、パイロット、科学者、または兵士である場合は質問されます。

1970年代から1980年代にかけて、強力なトリオであるマーガレットサッチャー(イギリス)、インディラガンディー(インド)、ゴルダメイア(イスラエル)が首相として世界を支配していました。 彼らは「鉄の意志のある女性」と呼ばれていました。

最近、NASAの忍耐力のあるローバーが火星に着陸しました。 このミッションを主導し、飛んでいる色で出てきたのは航空科学者のスワティ・モハン博士だったと言えば、あなたは心を打たれるでしょう。

また、カマラ・ハリスやセリーナ・ウィリアムズのような女性が彼らの業績で私たちに刺激を与えているのを見ています。

私たちが言おうとしているのは、彼らの能力に疑問を投げかけることによって、私たちは彼らの自尊心を攻撃しているということです。 ただ座って、彼らが何ができるか見てみませんか? 結局のところ、個人の職業は、性別ではなく、スキルと能力に依存します。

意見がある

「あなたは女性に対してあまりにも意見が分かれています。」

「家の男性だけが決定を下します。」

女性が頭を下げてアイコンタクトをしていなかった時代を覚えていますか? 彼らはそれを敬意を表して呼んだ。 奇妙に聞こえるかもしれませんが、それは真実です。

社会によれば、頭を上げることが許されないときは、絶対に意見を言うことはできません。 そしてもしそうなら、彼女はフェミニストと呼ばれます。

意見のある女性についてのいくつかの考えを単純化しましょう。

  • 彼らは干渉していません、彼らはただ助けたいだけです。
  • 彼らは支配的ではありません、彼らはただ決定を下すことができます。
  • 彼らは気分を害するつもりはありません、それは彼らの信念だけです。

しかし、ソーシャルメディアの台頭により、女性は今や他の意見のある女性を声に出してサポートするためのプラットフォームを持っています。

結論として、私たちは言いたい - 彼女を解放し、彼女を飛ばしてください. 彼女はあなたを誇りに思うでしょう。
私たちはその事実と和解しなければなりません 女性はできます.

はい、私は賢明ですが、それは痛みから生まれた知恵です、

はい、私は代金を支払いました、しかし私がどれだけ得たか見てください。

必要なら何でもできます。

私は強いです; 私は無敵です、

私は女性です。

(私はヘレン・レディの女性です)