オープンソース「大きな勢いを得ている」

良いニュースです! IDCでさえ、止まることのないオープンソースがあると報告しています。 ビバオープンソース! オープンソースソフトウェアの「現象」はLinuxをはるかに超えて広がり、「大きな勢いを増している」とIDCは報告しています。 IDCは、5,000か国で116人を超える開発者を対象にした最近の調査の結果、オープンソースソフトウェアは「ソフトウェア業界が1980年代初頭以来見た中で最も重要な包括的かつ長期的な傾向」であると結論付けました。 IDCの調査では、オープンソースの使用が「普及」しており、組織のXNUMX分のXNUMX近くと数十万のプロジェクトにまたがっています。 市場調査会社は、オープンソースが最終的に「すべての主要なソフトウェアカテゴリのライフサイクルで役割を果たし、顧客に対するパッケージソフトウェアの価値提案を根本的に変える」と期待していると述べています。 IDCによると、調査の結果は、オープンソースソフトウェアが現在世界中の開発者の71%によって使用されていることを示しています。 さらに、オープンソースソフトウェアソフトウェアは、調査対象の開発者組織の54%で「本番環境」にあります。 さらに、調査対象の開発者の半数は、組織でのオープンソースの使用が増加していると述べています。 IDCは、オープンソースソフトウェアの普及に関連して、次のような追加の所見を述べました。
  • 今後10年間で、オープンソースは、悪質な価格競争に牽引されて、賢明で低率の2桁で業界の通行料を引き出す
  • 価格の影響は、ソフトウェアの発明とイノベーションのライフサイクル全体に対するオープンソースの影響よりも、オープンソース採用の重要性が低い影響です。
  • オープンソースライセンスフォームが急増しているにもかかわらず、業界と個々のベンダーの成功の観点から重要なビジネスモデルは3つだけです。ソフトウェア収益モデル、パブリックコレクティブモデル、およびサービスブローカーモデルです。
  • ベンダーのオープンソース市場における競争力のある成功は、新製品の発明と販売に必要なものとは異なるコアコンピテンシーのセットによって決定されます。
「オープンソースは今後XNUMX年間で業界の機会を大幅に減らしますが、オープンソースの本当の影響は、成熟したソフトウェア市場でイノベーションを維持し、ソフトウェア資産の耐用年数を延ばし、顧客のお金を節約することです」とAnthonyPicardi博士は説明します。 、IDCのグローバルソフトウェアリサーチ担当上級副社長。 「ビジネス要件が新規顧客の獲得から既存顧客の維持に移行するにつれて、競争環境はコスト削減に移行し、知識のある顧客に持続的なイノベーションを提供するとともに、従来のほんの一部しか支払わない新しい市場セグメントに主流のソフトウェアを提供します。ソフトウェアライセンス料。 オープンソースソフトウェアは、究極的にはイノベーターを維持するためのリソースです」とPicardi氏は結論付けました。 IDCの調査「グローバルソフトウェアのオープンソース:市場への影響、混乱、ビジネスモデル」の詳細については、こちら[リンクを削除]をご覧ください。 「オープンソース現象」はマイクロソフトによって無視されていません。 マイクロソフトの「シェアードソース」オープンソースイニシアチブについては、こちら[リンクを削除]、および以下の他の関連記事でご覧ください。 http://www.windowsfordevices.com/news/NS5340164585.html