プロセスデザイナ

Vtiger Process Designerでタスクを自動化し、生産性を向上させます

企業が通常のタスク フローの自動化に適応していることは誰もが知っていますが、この自動化の実装は、特に動的な環境では厄介になる可能性があります。

さまざまなページで複数の自動化ルールを構成し、それらを管理して追跡するのは面倒な場合があります。そのため、Vtiger はビジネス プロセス自動化 (BPA) ツールである Process Designer を構築しました。

Vtiger の Visual Process Designer を使用すると、管理者は、使いやすいグラフィカル インターフェイスを使用して、複数のフローをプロセスに定義および統合できます。

注意: コーディング不要を使用して、プロセス デザイナーを使用してプロセスを作成します。

Process Designer を使用して自動化できるタスク

Vtiger Process Designerは、レコード、カレンダーイベント、モジュールフィールドの作成/更新、指定された基準に基づくレコードの割り当て、および指定された待機時間など、複数のタスクを使用できるほど柔軟です。

Process Designer の使用例を見てみましょう。

ディール成約プロセス

商談の成約には、リードの獲得から成約まで、複数のステップが含まれます。

各ステップには、営業担当者が実行する特定の活動があります。

以下の画像は、Vtiger Process Designer を使用して作成された取引プロセスを示しています。

緑色の再生ボタンがプロセスの開始です。

プロセス デザイナーの各要素を使用すると、アクションと条件を作成できます。

ここでは、連絡先が ABC 組織に属している場合、それを特定の営業担当者に割り当てるという条件でリードを作成しています。

同様に、割り当てられたユーザーへのアラート通知を使用して、新しく入ってくる見込み客をインサイド セールス チームに割り当てるタスクが作成されていることを確認できます。

ここでは、見込み客が認定された場合を条件に連絡先を作成し、それ以外の場合は見込み客のステータスを未認定として更新します。

タスクには、会議のスケジュール設定、製品のデモンストレーション、製品要件の理解、交渉後の待ち時間が含まれます。 すべてのタスクをプロセス デザイナーに追加して、CRM にその魔法を任せることができます。

営業担当者は、すべてのタスクを手動で作成および管理する必要がなくなりました。 通知により、今後のタスクについてすでに警告を受けています。

採用プロセス

Vtiger Process Designer を使用すると、管理者はあらゆるカテゴリのプロセスを作成できます。 ここでは、採用プロセスの例を示します。 人事チーム/採用チームのプロジェクト計画から従業員のオンボーディングまでのプロセス フローを作成できます。

採用計画のプロジェクトレコードの作成からプロセスを開始します。

作成アクションを追加して、人事エージェントが求人情報を分析し、職務内容などの要件を収集するためのさまざまなタスクを作成できます。

実行中のプロセス フローを維持し、プロセスの次のステップのアクションを作成します。 たとえば、カレンダーイベントの作成アクションを使用して候補者との最初の電話をスケジュールし、候補者の個人情報を取得し、条件を追加して候補リストまたは却下するかどうかを確認します。

条件の結果に対するアクションを追加します。候補者が特定の JD に従って最終選考に残った場合は、チームと話し合うための内部対話をスケジュールし、面接の電話を設定するか、候補者のステータスを拒否されたことをチームに通知します。

最後に、面接担当者の決定に基づいて、採用または不採用として連絡先フィールド候補のステータスを更新するタスクを追加します。

オンボーディング、導入、およびオリエンテーションのためのさまざまなタスクを作成し、特定のユーザーに割り当てることができます。

以下は、Process Designer 用に作成したその他のリソースです。