CRMおよび小売業界

小売業界にCRMが必要な理由

テクノロジーのおかげで、私たちの生活はXNUMXつ以上の方法で進化しました。 食事、買い物、コミュニケーション、学習の方法が変わりました。 路上での商品の購入から来店まで、買い物は大きな進歩を遂げました。
これで、より便利なショッピング形式、つまりオンライン購入が可能になりました。 A 調査 2018年には、顧客の約63%がオンラインでの購入を好むことがわかりました。 特に今、COVIDの流行により、オンラインショッピングが始まりました。

これは、デジタルプレゼンスは、販売するものに関係なく、あらゆる規模の小売業者にとって今や欠かせないものであることを意味しています。

消費者データベースが拡大するにつれて、世界中の小売業者は多くの類似した問題に直面しています 課題 顧客体験の維持、顧客ロイヤルティの維持などのように。ビジネスとして、これらの問題をどのように解決しますか? まあ、あなたはあなたのビジネスニーズに合ったCRMソリューションを選ぶことができます。
流通ネットワーク、オンライン小売Webサイト、実店舗、またはショッピングモールのキオスクをセットアップする場合は、 CRMソフトウェア あなたの小売会社が成功するために必要です。

CRMソフトウェアが小売業を成功させるための優れたツールになる理由は何ですか?
最終的にはブログでこの質問に対処しますが、CRMが最初に何であるかを理解することが不可欠です。

CRMとは何ですか?

CRMまたは顧客関係管理は、顧客のニーズを管理および分析し、顧客関係を改善するのに役立つプロセスです。

なぜCRMが必要なのですか?

今日、消費者は製品をより意識し、要求も高まっています。 彼らは何が欲しいのか、どこで買うのかを知っています。 忠誠心を維持することは、小売業者にとって大きな課題です。 マーケティング、ソーシャルメディアプラットフォーム、アクセシビリティの向上は、顧客の行動を決定する上で重要な役割を果たします。
ここでCRMが重要になります。 小売CRMソリューション:

  • 販売データを収集して評価することにより、消費者の行動と販売パターンに関する洞察を提供します。
  • 顧客情報の保存に役立ち、将来の傾向を予測し、より優れた戦略を策定し、重要な意思決定を行うことができます。
  • パーソナライズされたサービスを提供し、長期的に顧客を維持するための顧客プログラムを開発できます。

つまり、小売業界向けのCRMソリューションは、顧客の忠誠心を高め、支出を削減し、企業のパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

CRMは小売業者にとってどのようなメリットがありますか?

小売部門におけるCRMシステムの価値について確信しましたか? 「いいえ」とお考えの場合は、以下をお読みください…このセグメントが魔法のように機能すると確信しています。
ここでは、小売業に有益なCRMを使用することのXNUMXつの特典を挙げています。

  1. 顧客を分類する
  2. 顧客の分類

    CRMソフトウェアは、すべての顧客に関する情報を保存するのに役立ちます。 それはあなたの興味、買い物の歴史、そして人口統計学ごとの傾向についての貴重な洞察を提供します。 市場をセグメント化し、最も望ましい顧客のカテゴリを作成し、より良いサービスのためにそれらを専門のアカウントマネージャーに割り当てることができます。 カスタマイズされたソリューションをクライアントに提供することにより、クライアントのエクスペリエンスが向上します。

    セグメントを構築するとき、消費者がどこに属していて、彼らの期待が何であるかを知っているので、消費者に最良にサービスを提供する戦略を作成します。 たとえば、CRMデータで顧客の中に高齢者が多いことが示されている場合、彼らだけを対象とする戦略を開発できます。

  3. ターゲットを絞ったプロモーションを行う
  4. ターゲットを絞ったプロモーションを行う

    アマゾンで商品を検索したことがありますか。そして、意外なことに、それに関連するプロモーションメールを受け取りましたか?
    オンラインショッピングの最初の数日間は、多くの顧客がこれを何らかの超自然的な力に起因すると考えていました。 今、私たちは皆、この力がターゲットを絞った宣伝に他ならないことを知っています。

    CRMソリューションは、必要な顧客情報を収集するのに役立ちます。 このデータを使用すると、より焦点を絞った体系的な方法でプロモーションを計画できます。 たとえば、特定の顧客がWebサイトで特定の製品を見たことがわかっている場合は、そのアイテムのプロモーション要素を顧客に送信できます。

    つまり、アイテムに興味がないクライアントには、無関係なメールは表示されません。 これにより、顧客のビジネスへの関心が活気を保ち、収益が向上します。

  5. 店舗購入情報
  6. 情報の保存

    CRMソフトウェアを使用すると、顧客の購入やサービスコールを記録できます。
    顧客の購入により、製品の動きを追跡し、購入によって保証または不満の懸念が生じたかどうかを追跡できます。 この情報に基づいて、個々の販売について顧客に通知し、特別オファーを顧客に送信できます。

    そのような戦略は、彼らがそれらを必要とするときだけオファーを顧客の前に置きます。 たとえば、彼らがあなたから再び購入した場合、あなたは彼らに低価格の利益を提供することができます。 そのようなターゲットを絞ったキャンペーンの費用は、あなたの側では、幅広いオーディエンスにマーケティングして、ほんの少しの反応しか得られません。

  7. より良い顧客サービスを提供する
  8. 優れた顧客サービス

    顧客は厳しい場合もあるので、顧客を満足させるには、つま先に立ち会う必要があります。 悪い経験のXNUMXつは、ブランドの忠誠心に疑問符を付けるかもしれません。 忠実な顧客は、より良い体験を求めて競合他社を選ぶことになるかもしれません。
    CRMソリューションを導入すると、次のことが可能になります。

    • 顧客の苦情に迅速に対応する
    • すべての顧客との前向きで長期的な関係を確立する

    クライアントのライフサイクルを知っている場合は、クライアントを「リピーター」にすることができ、彼らはあなたのビジネスを他の人に勧めます。

  9. 現在の顧客を維持する
  10. 既存の顧客を維持する

    CRMソフトウェアの主な目的は、お客様とチームメンバーが顧客中心の強力な戦略を確立できるようにすることです。 顧客の面倒をよく見ると、顧客を維持することはそれほど大きな課題ではありません。

    たとえば、ロイヤルティプログラムは、既存の顧客を維持および維持するための効果的な方法です。 CRMシステムを利用して、トランザクションを監視し、割引クーポンを配布し、大切な顧客にポイントを追加することで、ロイヤルティプログラムを実行できます。 新規顧客の獲得は、長期的には、リピーターを割引するよりも非常に費用がかかります。 したがって、ロイヤルティプログラムは、経費の削減に役立ちます。

このブログが好きで、CRMが小売業界にどのように役立つかについてある程度の知識を得たら、これが私たちが公開する一連のブログの最初のものであることを知って喜んでいます。
今後のブログでは、オンラインストアとオフラインストアのCRM、オムニチャネルマーケティング、マーケティングにおけるソーシャルメディアの影響などについて話します。

小売業でCRMをまだ使用していない場合は、Vtiger CRMをお試しください。 Vtiger CRM は、ビジネスを強化し、顧客データを効率的に管理するのに役立つクラウドベースのソフトウェアです。

Vtiger CRMとその製品について知りたい場合は、次のリンクを確認してください。

CTAフリー試用