画像2

VTAPモジュールデザイナー– CRMを独自のものにするためのローコードプラットフォーム!


VTAPは、開発者と管理者がCRMの機能を拡張するのに役立つVtigerのローコードプラットフォームです。 ローコードアプリケーションを構築する機能を提供するXNUMXつのツールがあります。 XNUMXつはモジュールデザイナで、もうXNUMXつはAPIデザイナです。 このブログでは、Module Designerを何を、どのように、いつ使用するかについて説明します。

モジュールデザイナ
Module Designerを使用する場合(ユースケース)

モジュールデザイナを使用して、次のことができます。
  • 複雑な数式を適用してフィールドを更新する
  • ユーザーが間違った情報を入力しているときに警告を点滅させる
  • 一部のユーザー設定を保存する
  • 拡張設定または構成データを保存する
  • ボタン、ウィジェット、アイコンを追加する
モジュールデザイナは、上記の目的を達成するために何を提供しますか?
  • ロジックとカスタムコードを記述できる統合開発環境(IDE)
  • VTAP Javascript API
Module Designerの使用方法は?
モジュールデザイナは、[メインメニュー]> [プラットフォームアプリ]から利用できます。 すべてのプロフェッショナルおよびエンタープライズのお客様は無料です。 拡張機能を開発してマーケットプレイスにリリースしたい場合は、から無料の開発者版にサインすることができます。 (詳細を見る)。.

モジュールデザイナを使用して、以下を追加できます。

  1. VTAPスクリプト–カスタムボタンやウィジェットなどを追加できます。
  2. コンポーネント–カスタムコンポーネントを追加できます。
  3. VTAPスタイル–UIのルックアンドフィールを変更するのに役立ちます。
  4. ページ–カスタムページを追加できます。

このブログでは、VTAPスクリプトをモジュールデザイナに追加する方法について説明します。

VTAPスクリプトの追加
VTAPスクリプトは、カスタムロジックのエントリポイントです。 まず、スクリプトに名前を付け、スクリプトを実行するモジュールを選択します。 連絡先のボタンクリックやレコードの保存を聞くなど、モジュール固有のニーズが頻繁に発生するため、モジュールを選択することが重要です。

カスタム拡張モジュールを作成するか、既存のモジュールを使用してスクリプトを追加するかを選択できます。

注意: モジュールをVtigerマーケットプレイスからリリースする場合は、拡張モジュールを作成します。

サブイメージ-1

サブイメージ-2

次に、VTAPスクリプトの使用例をいくつか見てみましょう。

例1: リードリストページにボタンが追加されました。 各スクリプトは、以下に示すように、スクリプトに選択された名前でこの基本的なスキャフォールドを使用して作成されます。

C1

VTAPの基本的な構成要素はコンポーネントであり、Vueコンポーネントとそのコンポーネントに基づいています。 ライフサイクルイベント.

  • コンポーネントの名前: Leads_Component_Register
  • 構文: {{MODULE}}_Component_{{NAME}}
  • コンポーネントの拡張: VTAP.Component.Core.extend

機能
  • 作成した 関数は 任意のコンポーネント。 ボタンの登録やイベントのリッスンができる機能です。
  • C2
    VTAP.Component.Register APIは、ボタン、ウィジェット、アイコンなどを追加するのに役立ちます。APIの最初のパラメーターは、カスタムコンポーネントを追加する場所を示します。 サポートされているコンポーネントのリストを表示するには、をクリックします (詳細を見る)。.
  • テンプレート HTMLがある場合は、ここにHTMLを追加します。
  • メソッド テンプレートHTMLで呼び出される関数を追加する場所です。 以下の例では、ボタンがクリックされたときにClickMe関数を呼び出しています。 最終的なコードは次のようになります。
C3

例2: 連絡先と組織の概要ビューにウィジェットを追加します。 XNUMXつの登録を使用して、同じウィジェットを複数のモジュールに追加できます。 このような場合、すべてのモジュールにVTAPスクリプトを追加する必要があります(VTAPスクリプトを作成するときにドロップダウンを使用します)。

C4

VTAP.Component.Register APIの場合、ウィジェットを追加するモジュールを選択するのに役立つ4番目のパラメーターがあります。 これは、組織の概要ビューでどのように表示されるかを示しています。

サブイメージ-3

VTAPには、ユーザーが実行したアクションをリッスンする機能もあります。 たとえば、ユーザーがレコードを作成または更新したり、詳細ページを開いたり、編集ポップアップウィンドウを表示したりする場合などです。このようなトリガーイベントのリストを表示するには、をクリックします。 (詳細を見る)。.

そのようなイベントをリッスンし、それらに対してアクションを実行するためのハンドラーを追加する必要があります。 以下はイベントの例です–レコードが保存されました。 この例では、レコードが保存されたときに連絡先の連絡先ステータスを確認します。 連絡先ステータスが競合他社の場合、「注意してください!!」という通知が表示されます。

C5

同様に、VTAPプラットフォームには、リスト/詳細ページのボタン、概要ビューのウィジェット、アイコンなどのカスタムコンポーネントを挿入するためのさまざまなUIフックが用意されています。 提供されているすべての異なるプレースホルダーについては、 ドキュメント.

今後のブログでは、VTAPの他の機能(カスタムコンポーネント、VTAP、カスタムページ)について説明します。

独自のコードを作成することを強くお勧めします。 カスタムボタンで小さなものから始めて、そこから進んでください。 モジュールデザイナを使用する 、最初のコードの基盤として、ドキュメントで入手できます。 CRMのカスタマイズは簡単で楽しいプロセスであることがわかります。

その他の質問については、にメールを送ってください [メール保護] 開発者版にサインアップする (詳細を見る)。.