CRMとは何ですか?

カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM)の概念に関する包括的な初心者向けガイド

定義

CRMは、顧客関係管理の略です。

CRMは、顧客とのビジネス関係を構築および改善するための戦略とテクノロジーの組み合わせです。 CRMシステムの目標は、リードの獲得と育成、販売コンバージョンの増加、顧客満足度と顧客維持の向上のXNUMXつです。

CRMソフトウェアは通常、企業で以下の機能を有効にするために使用されるツールのコンテキストで参照されます。

連絡先管理
パイプライン管理
マーケティングキャンペーン
顧客サービス

CRMの基本を理解する

顧客関係管理(CRM)は、企業が顧客とどのように関わり、永続的な関係を構築するかを定義する用語として理解できます。 これにより、企業は見込み客や現在の顧客に関する情報を収集、分析、編集、および保存できます。

具体的には、CRMソフトウェアは、企業が適切なマーケティングキャンペーンを作成し、運用効率を向上させ、販売を促進できるようにします。 CRMは、組織が顧客との効果的なコミュニケーションを維持し、維持率を高め、最終的に収益を高めるのに役立つ重要なツールです。

顧客関係の重要性

素晴らしい関係が鍵です

それは簡単ではなく、前向きな関係はすぐには構築されません! 双方向の関与、品質への取り組み、満足への真の関心は、長期的な関係を築くのに役立ちます。

長期的にクライアントを維持する

私たちが関係に時間とエネルギーを投資するのと同じように、組織は顧客との永続的な絆を育むためにさらに一歩前進する必要があります。 共感を持って顧客の話を聞き、問題を解決するために迅速に行動します。

ポジティブな口コミ

肯定的な口コミの宣伝、顧客の忠誠心、および長期的な保持は、顧客育成ビジネス戦略を維持することの他の驚くべき利点です。

CRMシステムが必要なのは誰ですか?

CRMソリューションは、あらゆる種類の組織にとってなくてはならないビジネスツールです。 顧客中心のエンゲージメント戦略に焦点を当てているすべてのビジネスは、CRMソフトウェアを使用することで恩恵を受けます。 これは、営業チームとマーケティングチームが同じページに取り組みを調整し、取引をより迅速に成立させるための素晴らしいツールです。

あなたの会社がB2BまたはB2Cの運用を扱っているかどうかにかかわらず、CRMプラットフォームはリアルタイムの連絡先情報を保存、整理、および管理できます。 世界のソフトウェア市場で最も急成長しているセグメントのXNUMXつである、CRMソフトウェアは、さまざまな業界の力の加速器です。

中小企業

ほとんどの中小企業は、顧客情報をExcelシート、メモ帳、電子メールに分散しています。 したがって、CRMテクノロジーに投資することでメリットが得られます。データが統合リポジトリに保持され、小規模なチームが顧客とうまくやり取りできるようになるためです。

中堅企業

中規模の企業組織には、CRMソフトウェアを介して管理できるさまざまなマーケティングおよびヘルプデスクの活動と販売があります。 これは、中堅企業が業務を拡大し、タスクを自動化し、戦略的目標を推進するのに役立つ完璧なツールです。

大規模な多国籍組織

多くの多国籍企業には、地理的に分散した場所で作業するチームが複数あります。 CRMソリューションは、ワークフローを合理化し、チームのコミュニケーションを促進します。 プロセスの標準化を確実にし、異なる国のオフィス間の情報の自由な流れを強化します。

CRMがビジネスにとって重要な理由

組織が成長するにつれて、顧客に個人的なタッチを提供しながら、リードの流入を管理することが不可欠になります。 あなたのビジネスが競争の激しい市場空間で存続したいのであれば、あなたは販売目標、カスタマイズされたマーケティングキャンペーン、そしてスマートヘルプデスクオペレーションを持っている必要があります。 あなたの組織は、販売、マーケティング、ヘルプデスク、ソーシャルメディアチャネルから流入するさまざまなデータ入力をどのように管理して意味をなしますか?

自動化されたCRMシステムにより、チームはクライアントと効果的に関わり、単一のビューウィンドウで顧客とのやり取りを管理できるようになります。 顧客の音声、電子メール、および営業担当者とのチャットのタッチポイントを管理するための包括的なプラットフォームを提供します。 チームメンバーがさまざまなパイプラインステージを管理できるように、すべての連絡先またはリードを明確に可視化します。

CRMシステムはあなたの最高の投資決定です。 それは:

300%

ディールコンバージョンの増加

50%

生産性の向上

72%

顧客維持の増加

40%

人件費の削減

$ 5

使用した1ドルごとのROI

受賞歴のあるVtigerCRMから始めて、15日間の無料トライアルをご利用ください。

VtigerはクラウドベースのCRMであり、300,000万人以上の企業が、マーケティング、セールス、サポートの各チーム間の障壁を打ち破ることにより、卓越した顧客体験を提供できます。

CRMソフトウェアの種類

組織は、市場で入手可能なさまざまなタイプのCRMソフトウェアの違いを調査する必要があります。 これは、十分な情報に基づいた意思決定を行い、ビジネス要件を満たすのに最適な意思決定に投資するのに役立ちます。

運用CRM

運用CRMの主な目的は、すべての主要なビジネスプロセスを簡素化し、構造を与えることです。 運用CRMソリューションのXNUMXつの主要な柱は、マーケティング、販売、およびサービスの自動化です。 あなたの会社が反復的なタスクを減らし、主要な顧客関連の活動を自動化することを望んでいるなら、運用CRMソフトウェアは理想的なツールでしょう。

共同CRM

コラボレーティブCRMは、マーケティング、営業、サービスの各部門間で情報を転送します。 戦略的目標に向けて組織を統合し、さまざまな機能のチームメンバー間の同期性を高めます。 部門間のコミュニケーションを促進し、透明性を高めることができるため、異なる場所に複数のユニットがある企業に最適です。

分析CRM

データの収集と分析は、分析CRMソフトウェアを顧客中心の組織にとって非常に役立つものにします。 これらのシステムは、データウェアハウジング、マイニング、およびOLAPツールを使用して、ターゲットを絞ったマーケティングキャンペーンを実行します。 分析CRMソフトウェアは、顧客情報を利用してパーソナライズされたサービスを提供し、最終的な結果を向上させたい企業にとって最適なオプションです。

クラウド対 オンプレミスCRM

ビジネス組織は、CRMテクノロジーをどのように展開するか(クラウドとオンプレミス)を確認する必要があります。 どちらのテクノロジーにも明確な利点があります。 ただし、近年、クラウドベースのCRMツールの採用にシフトしています。

クラウドCRM

クラウドCRM

クラウドベースのCRMソフトウェアは、外部ネットワーク上のベンダーのサーバーにデータを保存するという原則に基づいて機能します。

クラウドCRMソフトウェアの最も優れている点は次のとおりです。

  • ハードウェアやソフトウェアの要件やメンテナンスについて心配する必要はありません。
  • 会社の機密情報を安全に保ち、データの損失や盗難のリスクはありません。
  • インターネットに接続している限り、いつでも重要な情報にアクセスできます。
オンプレミスCRM

オンプレミスCRM

オンプレミスのCRMソフトウェアは、内部のビジネスサーバーでホストされています。

  • 実装には時間がかかり、企業は堅牢なITインフラストラクチャも必要です。
  • 企業は事前にライセンスを購入し、将来のアップグレードに関連する費用を負担する必要があります。

CRMシステムのコンポーネント

簡単に言えば、CRMシステムは顧客情報を一元化された場所で統合し、企業がテクノロジーを活用して貴重な関係を構築できるようにします。 高度なCRMソフトウェアの重要なコンポーネントには次のものがあります。

リード管理

CRMソリューションは、リードに関する情報を取得するために複数のメディアを移動しないようにします。 これらは、人口統計の詳細、過去のやり取り、取引の健全性、リードスコアなど、すべての重要なリード情報を含むXNUMXつのビューウィンドウを提供します。

マーケティングタスクの自動化

CRMソフトウェアは、予定のスケジュール設定、電子メールの送信、フォローアップの処理などの日常的なタスクを自動化できます。 これにより、チームメンバーの貴重な時間が節約され、戦略的なビジネス目標の達成に集中できます。

ワークフロー管理

適切なCRMソフトウェアを使用すると、企業はワークフローを合理化してより良い結果を得ることができます。 CRMテクノロジーは、透明性を高め、チームメンバー間のコミュニケーションを促進し、運用を簡素化します。

レポートと分析

自動化されたCRMプラットフォームに投資することで、企業は重要なビジネス指標と傾向を追跡できます。 CRMソフトウェアは、パフォーマンスパラメータの詳細な分析のための詳細なレポートを簡単に生成できるようにするリアルタイムデータをキャプチャします。

販売管理

CRMテクノロジーを実装することで、企業は見込みのある段階から最終的な変換まで、販売ライフサイクル全体を監視できます。 それは、より良い意思決定につながり、深いビジネス洞察を与える予測と割り当てを管理することができます。

効果的なCRMの例

セールスCRM

販売CRMシステムは、製品やサービスを販売することを主な目的として設計されています。 彼らは販売サイクル全体を捉えることに焦点を合わせており、コンバージョンを促進するための洗練された機能を備えています。

運用CRM

運用CRMツールは、販売およびマーケティングチームとの顧客とのやり取りを一元化することを目的としています。 また、サービスの自動化に重点を置き、単一のプラットフォームですべての顧客のタッチポイントを管理することでワークフローを簡素化します。

オールインワンCRM

完全に統合されたCRMソリューションは、XNUMXつのウィンドウに単一の顧客ビューをもたらします。 リアルタイムで顧客情報へのアクセスを提供し、チームがリードを追跡し、売り上げを増やし、ヘルプデスクの運用を効果的に管理するのに役立ちます。

インバウンドCRM

インバウンドCRMソリューションは、リードを引き付けて引き付け、忠実な顧客に変えるように設計されています。 これは、企業がソースごとに見込み客を追跡し、パイプラインのさまざまな段階を管理するのに役立ちます。

セールス、サポート、マーケティングチームにVtigerCRMをお試しください

クレジットカードは必要ありません。 いつでもキャンセル。

追加のCRMトピック

企業は、市場をスキャンして理想的なCRMシステムを購入する前に、運用モデルを評価する必要があります。 (さらに詳しく)

フル機能のCRMソフトウェアに投資することで、企業は多くの強力な機能を活用できます。 在庫から販売パイプラインまで、すべての顧客情報を統合し、重要な機能を処理します。 (さらに詳しく)

間違いなく、CRMツールを使用することは、あらゆる種類のビジネス組織にとって有利であることがわかります。 CRMが最終的な結果を後押しできる主な方法を見つけます。 (さらに詳しく)

トップマネジメント、セールス、およびマーケティングマネージャーから主要な意思決定者を集めることにより、CRM実装のバイインサポート。 情報に基づいた決定を行うために、主要な利害関係者とのビジネス要件を評価します。 (さらに詳しく)

企業は、ワークフローを構成し、スタッフに適切なサポートを提供して、新しいCRMシステムを円滑に実装する必要があります。 (さらに詳しく)

CRMの旅は、過去数十年で大きな進歩を遂げました。 CRMツールは単にデータ収集のソースであるだけでなく、顧客とのやり取りを統合および管理できるようになりました。 (さらに詳しく)